最高のサプライズプロポーズを成功する場所や演出を一挙公開!プロポーズ応援ポータルサイト「プロポーズ大作戦」

プロポーズ大作戦 TOP > サプライズプロポーズのお役立ち情報 > 等身大のプロポーズを!

等身大のプロポーズのタイミング

男性側のプロポーズをしたいタイミングと女性側のプロポーズされたいタイミングがずれてしまったら、やはり「もう少し待って下さい」のお返事になってしまう可能性があります。

まずはお付き合いをしている方からのプロポーズを意識するタイミングを、紹介させて頂きます。

2人が付き合った日
付き合って何年などの節目になると考える女性が多いようですが、男性の中には記念日を忘れてしまう方もいるのでこれこそ女性目線の回答ですね。

イベント行事
Xmasや誕生日などの2人で一緒に過ごすようなイベント行事ではサプライズを考えるカップルも多く、男性ではプレゼントの後にプロポーズ自体もサプライズの1部としてされる方が多いです。また、Xmasなどはロマンチックなイベントなので演出方法が思いつきやすいという声が多かったです。

逆に女性が意識をしていたけれど、男性からプロポーズされなかったというタイミングもご紹介致します。

年末年始のカウントダウン
年末と年始をまたいで過ごして「今年もいっしょにいようね」=プロポーズと思いきや、普通に「今年も仲良くいっしょにいようね」の意味だったという女性側の勘違いエピソードになってしまったという話もあります。

七夕
織姫と彦星が1年に1度の再会を果たしている時に、自分がプロポーズをされるという想像をしている乙女チックな女性が多い中で男性の脳内カレンダーの中では7/7の七夕はそんなに重要視されておらず普通の日の認識のようです。

男性陣の皆さん!七夕祭りの帰りは意外にロマンチックなシチュエーションなので、プロポーズにぴったりですよ。

等身大のプロポーズの準備

難しく考えないで下さい。彼女にずっと一緒にいたいという事を伝える事がプロポーズなので、準備をするのはたった3つだけです。

1.言葉   2.演出   3.アイテム

1のプロポーズの言葉。

ずっと一緒にいたいから結婚しよう!シンプルすぎますが、
充分に気持ちが伝わるセリフです。

捻り過ぎたセリフは伝わりにくい事もあるので、直球勝負をしましょう。

言葉で伝えるのが苦手な人は手紙などを書いて読んでもいいですね。普段のあなたを知っている彼女なら、あなたが自分の為に手紙を書くという事がどれだけ大変な事かが分かっているはずです。

文章が考えられないという方は代筆サービスという手紙を代理で書いてくれる便利なサービスもあるので、彼女に内緒でお願いしてみるのも1つの方法ですね!

2の演出は場所も含めてたくさんあります。

彼女と出会った場所や、2人の思い出の場所など感情が入りやすいのでおすすめですね!

もしもそういった場所が無ければ【夜景スポット】や【遊園地の観覧車】などもいいですが、彼女が寒がりや高所恐怖症などであれば行きつけのレストランでもいいでしょう。

レストランの場合は店員さんが顔見知りであれば、協力を依頼しておく事も出来るのでお店ぐるみの思い出になるでしょう。

プロポーズのセリフさえしっかりしていれば、演出の準備で予想外の事が起きても彼女の中ではきっと素敵な思い出になるので演出はあまり凝り過ぎないようにして下さいね。

3のアイテムはプロポーズを盛り上げる為の脇役になります。

なくてもプロポーズは成立しますがあると、彼女の感情も入りやすくYESの返事がもらえる確率が上がります。

結婚指輪や婚約指輪があるのが望ましいですが、指輪はサイズがわからないと言う方は花束やスイーツを使ってのプロポーズはいかがですか?

花束を渡して嫌がる女性はいないので「僕と結婚して下さい。」と伝えて、後日彼女と指輪を買いに行くデートもいいですね。

デコレーションケーキのメッセージに「結婚しよう」と書きろうそくを立て、彼女が吹き消して「はい」という返事を返してくれたらドラマのような展開になり女性がいかにも好みそうですよね。

ビックサプライズや日常の中で気持ちを伝えるプロポーズと様々な種類のプロポーズがあると思いますが、一緒にいたいという気持ちに変わりはありません。

お二人にとって素敵な思い出となるプロポーズが出来る事を願っているので、こちらの等身大のプロポーズも是非とも参考にしてみて下さいね。

パーフェクトプロポーズプラン カフェ・カイラ舞浜店の貸切プロポーズプラン オシャレなガーデンテラスレストランを舞台に、薔薇の花束でプロポーズしてみませんか? プロポーズ成功談募集中 プロポーズ案内人ミカ プロポーズ案内人が紹介するミカのプロポーズ体験談 プロカメラマン乗船プラン スタッフブログ フェイスブック

サプライズプロポーズフォトプラン

ページトップ

ページトップ